古代エジプトの神々

三笠宮崇仁 著

古代オリエント史研究の権威によるすぐれた概説書。「お日さま」ラアと穀霊オシリス両神を中心に、神々の系譜を精細にたどり、古代人の思想、とくにその死生観や世界観を考察する。NHK市民大学の名講義、待望の出版化。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ナイルの恵み「ハピ」
  • 2 来世の王「オシリス」
  • 3 現世の王「ホルス」
  • 4 太陽の都「ヘリオポリス」の神々
  • 5 「ラア」とピラミッド
  • 6 「アメン=ラア」の出現
  • 7 セム語族の神々と印欧語族の神々
  • 8 「アテン」一瞬の輝き
  • 9 神助と神罰
  • 10 神とあがめられた鳥・獣

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古代エジプトの神々
著作者等 三笠宮 崇仁
書名ヨミ コダイ エジプト ノ カミガミ
書名別名 その誕生と発展
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 1988.7
ページ数 232p
大きさ 22cm
ISBN 4140085878
NCID BN02418394
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88052636
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想