悪党的思考

中沢新一 著

中沢新一初の日本論。後醍醐天皇と南北朝期に示される日本史上の大転換は、現代の「知」にとってどんな意味をもつか。新しい歴史のボヘミアン理論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 歴史のボヘミアン理論へ
  • 真言立川流と文観
  • 春画-ピュシスか、テクネーか?
  • 妖怪画と博物学
  • 市場の言葉のアルチザン-宮武外骨論
  • 江戸の王権-そのアルケオロジー
  • 1868年の王権
  • 異教的モノテイスム
  • 黄色い狐の王

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 悪党的思考
著作者等 中沢 新一
書名ヨミ アクトウテキ シコウ
出版元 平凡社
刊行年月 1988.10
ページ数 367p
大きさ 20cm
ISBN 4582475027
NCID BN02417245
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89008101
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想