生活指導と道徳教育  続

宮坂哲文 著

[目次]

  • もくじ
  • まえがき / p1
  • I
  • 一 生活指導の進路 / p12
  • 1 集団づくりの前進 / p12
  • 2 教科と生活指導の関係 / p16
  • 二 学級集団の解放と組織 / p22
  • 1 学級経営とはなにか / p22
  • 2 学級集団の解放と組織 / p28
  • 3 解放過程と組織過程の相互関係 / p31
  • 4 集団意識の構造と学級集団づくり / p33
  • 5 学年段階と学級の自治組織 / p35
  • 6 学級自治活動の組織運営の問題点 / p37
  • 7 班の組織と運営 / p38
  • 三 生活規律の教育 / p40
  • 1 生活規律の指導の位置 / p40
  • 2 週番制改造への試みをめぐって / p42
  • 3 学級の規律について / p48
  • 四 近年における学級づくり理解の発展 / p52
  • 1 集団づくりの過程をめぐって / p52
  • 2 教師の要求をめぐって / p57
  • 3 教師の要求と子どもの要求をめぐって / p61
  • II
  • 五 教科外活動の教育課程化ということ -戦後の特別教育活動についての再検討- / p64
  • 1 戦後文教政策と特別教育活動 / p64
  • 2 教科の特質と教科外の特質 / p69
  • 六 学級会の今後の方向 / p77
  • 1 理論的根拠のない用語の使いわけ / p77
  • 2 学級会の危機の根源 / p78
  • 3 朝の会の意義 / p80
  • 4 多様な学級文化活動の育成 / p84
  • 七 日本における学級会の歴史的系譜 / p88
  • 1 絶対主義訓育と学級自治会 / p89
  • 2 民間教育運動のなかでの学級会の発展 / p93
  • 3 ホームルーム指導の先駆 / p98
  • III
  • 八 特別教育活動と演劇 / p104
  • 1 教科外活動の本質 / p104
  • 2 クラブ活動はどうして生まれたか / p109
  • 3 日本の教育と表現活動 / p114
  • 4 クラブ活動と市民的活動 / p117
  • 5 マス・コミとの関係 / p118
  • 6 クラブ活動の理論 / p120
  • 九 子どもの価値体験と大衆文化 / p125
  • 1 大衆文化の価値喪失的性格 / p126
  • 2 大衆文化と子ども / p131
  • IV
  • 十 学校の教育的体質と道徳教育 / p138
  • 1 道徳時間と教育体制 / p138
  • 2 学校教育の体質改善 / p139
  • 3 生活規範の問題 / p144
  • 十一 道徳的価値葛藤への対決ということ / p154
  • 1 生活にそくするという立場 / p154
  • 2 非行少年と学校教育 / p158
  • 3 子どもの価値体験と教師の姿勢 / p161
  • 十二 生活主題的道徳教育の問題点 / p165
  • 1 三つの型 / p165
  • 2 第二の型-現代版修身教育 / p170
  • 3 第三の型-集団づくり / p178
  • V
  • 十三 生活指導観の対立の根源 / p186
  • 1 多様な生活指導の概念 / p186
  • 2 二通りの考えかた / p190
  • 3 知的指導と実践指導の組合せ / p192
  • 十四 戦後道徳教育についての一考察 / p196
  • 1 考察の対象とした資料 / p196
  • 2 若干の考察 / p199
  • 十五 修身教育体制と特設道徳時間 / p214
  • 1 かわらない職場の現実 / p214
  • 2 修身教育と特設道徳 / p217
  • 3 両面の管理体制 / p223
  • 4 特設道徳的学校体制への認識を / p226

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 生活指導と道徳教育
著作者等 宮坂 哲文
宮坂哲
書名ヨミ セイカツ シドウ ト ドウトク キョウイク
シリーズ名 現代教育全書
巻冊次
出版元 明治図書
刊行年月 1961
版表示 3版
ページ数 227p
大きさ 19cm
NCID BN14904174
BN02416071
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
61011786
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想