日本における荘園制形成過程の研究

奥野中彦 著

[目次]

  • 序論 日本における荘園制の形成過程
  • 第1部 律令制と荘(律令的土地所有と8世紀の荘-8世紀寺領「荘」の歴史的性格
  • 8世紀寺領荘における所有と経営
  • 8世紀寺田経営めぐる2、3の問題
  • 律令制と薩摩-薩摩国正税帳をめぐって
  • 8・9世紀荘と田図制度-東大寺領因幡国高庭荘を中心に
  • 9世紀のいわゆる権門の「荘園」について)
  • 第2部 荘園の成立と発達(荘園制形成の歴史的前提-薩摩・大隅の場合
  • 古代神社領の変質過程
  • 国司職田制から私佃・私営田経営への展開
  • 官省符荘の成立
  • 古代地方都市としての国府と荘園制)
  • 第3部 荘園制の形成(荘園制形成と荘園絵図-摂津職河辺郡猪名所地図をめぐって
  • 荘園四至〓@58C0示図の成立
  • 辺境における荘園の成立と展開-鎮西島津荘の場合
  • 東北における荘園の成立とその特質
  • 中世国家の形成過程における民衆像)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本における荘園制形成過程の研究
著作者等 奥野 中彦
書名ヨミ ニホン ニ オケル ショウエンセイ ケイセイ カテイ ノ ケンキュウ
出版元 三一書房
刊行年月 1988.7
ページ数 442p
大きさ 23cm
NCID BN02415421
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88052608
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想