幕末海防史の研究 : 全国的にみた日本の海防態勢

原剛 著

[目次]

  • 第1章 海防政策の変遷(ペリー来航以前の海防政策
  • ペリー来航と開国
  • 攘夷と開国の混迷
  • 軍制改革と内海防備の強化
  • 攘夷論の挫折
  • 中央統一軍化の破綻)
  • 第2章 主要地区の海防態勢(蝦夷地の防備
  • 江戸湾の防備
  • 佐渡及び新潟の防備
  • 伊勢神宮の防衛
  • 大坂湾の防備
  • 長崎の防備)
  • 第3章 諸藩の海防態勢(東北諸藩
  • 関東諸藩
  • 北陸諸藩
  • 東海諸藩
  • 近畿諸藩
  • 山陰諸藩
  • 山陽諸藩
  • 四国諸藩
  • 九州諸藩
  • 琉球)
  • 第4章 総括的にみた日本の海防態勢(台場
  • 動員態勢・農兵
  • 海軍・水軍
  • 防禦方式)
  • まとめ 海防態勢の破綻と全国的統一軍への胎動

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 幕末海防史の研究 : 全国的にみた日本の海防態勢
著作者等 原 剛
書名ヨミ バクマツ カイボウシ ノ ケンキュウ
出版元 名著
刊行年月 1988.7
ページ数 380p
大きさ 22cm
ISBN 4626013147
NCID BN0241486X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88051342
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想