岩波講座ソフトウェア科学  14

長尾真 ほか編

ソフトウエアに知識と推論の機構を組み込むために理論、方法、プログラム技法をやさしく系統的に解説する。まず,知識表現の方法を紹介し,次にその知識を有効に利用する効果的な探索/推論の方法を解きあかす。さらに応用として、質問応答システム、エキスパートシステムなどの技法を詳しく解説する。プログラムレベルでの解説を十分に与え、実際のソフトウエアシステムへの応用に役立つようにした。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 知識とは何か(哲学における知識のとらえ方
  • 自然科学におけるいくつかの方法
  • 人工知能における知識のとらえ方
  • 事実的知識の立場:推論的知識の立場)
  • 2 事実的知識とその体系化(文献情報の組織化
  • 事実的知識の体系
  • 用語の知識体系
  • 情報の記憶
  • 情報の検索
  • 分類の数学的理論)
  • 3 推論的知識と問題解決(1)(問題の状態表現
  • 探索木
  • ゲームの木探索のプログラム
  • グラフの探索
  • 状態表現による問題の解法の特徴
  • アルゴリズムの発見)
  • 4 推論的知識と問題解決(11)(経験的知識の利用
  • 問題の分解による解法
  • 黒板モデル
  • 拘束条件的知識
  • 相互モデル)
  • 5 記号論理による推論(記号論理による法則性の表現
  • 前向き推論、後向き推論による証明
  • 導出原理による証明
  • 質問の形式
  • データベースの記号論理表現
  • 変化を伴う場合の推論
  • その他の推論方法)
  • 6 知識表現と質問応答
  • (意味ネットワーク
  • フレームとスクリプト
  • 対話のモデル)
  • 7 エキスパートシステム(エキスパートシステムの特徴
  • プロダクションシステム
  • 前向き推論のプログラム
  • 後向き推論のプログラム
  • 推論の信頼度
  • ユーザーとの対話
  • エキスパートシステムのもつべき性質)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 岩波講座ソフトウェア科学
著作者等 長尾 真
長尾真ほか
書名ヨミ イワナミ コウザ ソフトウェア カガク
書名別名 知識と推論
巻冊次 14
出版元 岩波書店
刊行年月 1988.7
ページ数 321p
大きさ 23cm
ISBN 4000103547
NCID BN02412219
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88046021
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
知識と推論 長尾真
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想