日本人

柳田国男 編

[目次]

  • 目次
  • 一 日本人とは / 1
  • 人口の問題
  • 社会と批判
  • 二 伝承の見方・考え方 / 14
  • 歴史教育のあやまり
  • 貴重な民俗資料
  • 民間伝承の範囲
  • 内省の学としての民俗学
  • 三 家の観念 / 33
  • 法律と経験
  • 世間と学問
  • 家と女性
  • 死後と家
  • 家のもつ意味
  • 家の分化
  • 四 郷土を愛する心 / 58
  • ふるさとの山
  • 郷土をささえるもの
  • 「われわれ」の意識
  • ふるさとの構造
  • 郷土型の人格
  • ふるさとの象徴
  • 五 日本人の生活の秩序 / 86
  • 農耕の推移と生活のリズム
  • 人生の折り目
  • ハレとケの食物
  • ハレとケの衣服
  • ハレとケの混交
  • 六 日本人の共同意識 / 117
  • ひろがった共同意識
  • 部落の共同意識
  • 若者組の共同意識
  • 共同意識のうつりかわり
  • 七 日本人の表現力 / 145
  • 生活と表現
  • 敬語
  • 言語芸術
  • 漢語の弊
  • 思想の伝達
  • 八 日本人の権威観 / 172
  • 権威の性格の変遷
  • 中央貴種への傾倒
  • 会合の座順
  • 他力依存と立身出世
  • 権力への批判的抵抗
  • 九 文化の受けとり方 / 199
  • 明治の統制色
  • 表層文化と基層文化
  • 外来文化への対応
  • 一〇 不安と希望 / 221
  • 不安と危機感
  • 時所占有の不安と劣性感
  • 不安の解消と儀礼の発達
  • 防衛・強化の希望(一)
  • 防衛・強化の希望(二)
  • 永続性への希望(一)
  • 永続性への希望(二)
  • 日本人の信仰態度の特色と日本文化
  • 「日本人」座談会 / 254
  • 失ったものへの反省
  • 日本人は本来何をもっていたか
  • 日本群島の自然環境
  • 郷土愛と肉親の愛情
  • 家族制度と親方・子方
  • 祖先信仰と民族の結合
  • 東方浄土の信仰
  • あとがき / 284
  • さくいん / 巻末

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本人
著作者等 柳田 国男
書名ヨミ ニホンジン
書名別名 Nihonjin
シリーズ名 毎日ライブラリー
出版元 毎日新聞社
刊行年月 1954
ページ数 285p
大きさ 19cm
NCID BN02412183
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
55001601
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想