藤村文明論集

島崎藤村 著 ; 十川信介 編

パリを始め海外諸都市の印象を語りつつ、それに照らして、江戸と明治を「十九世紀日本」として連続性で把え、内発的近代の可能性を提言した島崎藤村(1872‐1943)の文明論集。第一次世界大戦前後のフランスへの旅、晩年の南北アメリカ大陸への旅と二度にわたる外遊の旅行記を中心に文明論の核心をなすエッセイを精選。江戸文化論の先駆。

「BOOKデータベース」より

パリを始め海外諸都市の印象を語りつつ、それに照らして、江戸と明治を「十九世紀日本」として連続性で把え、内発的近代の可能性を提言した島崎藤村(1872-1943)の文明論集。第一次世界大戦前後のフランスへの旅,晩年の南北アメリカ大陸への旅と二度にわたる外遊の旅行記を中心に文明論の核心をなすエッセイを精選。江戸文化論の先駆。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 フランスだより
  • 2 アメリカの旅
  • 3 「19世紀日本」の探求

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 フランスだより(地中海の旅
  • 巴里の旅窓にて
  • 音楽会の夜、その他
  • 春を待ちつつ
  • フランス人のディレッタンチスム)
  • 2 アメリカの旅(北米雑記
  • 故国の島影を望むまで
  • 南米の旅より帰って)
  • 3 「十九世紀日本」の探求(「純粋なる日本想」を求めて
  • 女性のめざめ
  • 変遷の時代)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 藤村文明論集
著作者等 十川 信介
島崎 藤村
書名ヨミ トウソン ブンメイ ロンシュウ
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1988.7
ページ数 373p
大きさ 15cm
ISBN 4003102460
NCID BN02407693
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88055708
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想