組織認識論 : 企業における創造と革新の研究

加護野忠男 著

[目次]

  • 第1章 日常の理論と組織論(コンティンジェンシー理論とその後
  • 行為の理論と日常の理論
  • 組織認識論は可能か)
  • 第2章 組織と認識-組織認識論の分析視角(組織における知識の利用と獲得
  • 情報処理モデルと認識
  • 組織認識論の前提)
  • 第3章 組織における認識とパラダイム(日常の理論の共有と発展
  • 組織とパラダイム
  • パラダイムと日常の理論
  • パラダイムと組織現象
  • 組織パラダイムの機能)
  • 第4章 パラダイムと組織の動学(パラダイムの頑強さ
  • パラダイムの動学
  • 市場の弁証法とパラダイムの転換)
  • 第5章 パラダイムの創造(企業家と認識
  • 企業家的活動のプロセス:事例分析
  • パラダイム創造の方法論)
  • 第6章 パラダイムの革新(パラダイムの変革の難しさ
  • 企業革新の3つのモデルとパラダイム転換
  • パラダイム転換のプロセス
  • モデルの理論的基礎
  • パラダイム転換のプロセス・モデル)
  • 終章 組織と認識(組織認識論
  • 組織における認識
  • 現代の組織理論と組織認識論の可能性)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 組織認識論 : 企業における創造と革新の研究
著作者等 加護野 忠男
書名ヨミ ソシキ ニンシキロン
出版元 千倉書房
刊行年月 1988.6
ページ数 248p
大きさ 22cm
ISBN 4805105763
NCID BN02399096
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88060724
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想