日本古文書学論集  4

日本古文書学会 編

近年古代史学界において、活発に論議されている詔勅や太政官符等、公式様文書に関する代表的論文を収録。さらに古代の上意下達・下意上達文書が、時代とともに変化することを、政治・社会的に考慮して古文書学的にとらえた名篇や、文書の機能的な面をリアルに再現した論文等をも収めた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 天皇と文書(宣命に関する一考察-漢文詔勅との関係を中心に
  • 騰勅符と謄勅符
  • 大宝令勅符について
  • 内待宣について)
  • 第2章 律令国家とその文書(大政官符の分類について
  • 奈良時代における太政官符について
  • 宣旨考
  • 平安中期の内覧について
  • 下意上達文書の変遷-「解」より「申状」
  • 蔵人所牒について)
  • 第3章 公家の文書(御教書の発生-日本の古文書と経済的基礎構造の関係
  • 家牒・家符・家使-<律令国家>の一断面
  • 公家訴訟における文書の機能論的考察)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本古文書学論集
著作者等 八木 充
吉田 孝
土田 直鎮
山本 信吉
山田 英雄
日本古文書学会
林屋 辰三郎
橋本 初子
櫛木 謙周
西山 良平
鈴木 茂男
飯倉 晴武
飯田 瑞穂
立命館大学大学院古文書ゼミナール
書名ヨミ ニホン コモンジョガク ロンシュウ
書名別名 古代. 2 奈良・平安時代の文書
巻冊次 4
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1988.7
ページ数 395p
大きさ 22cm
ISBN 4642012591
NCID BN02398650
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88043398
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
古代. 2 奈良・平安時代の文書 山本信吉, 飯倉晴武
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想