ビルマの花 : 戦場の父からの手紙

福田恵子 著

中国との国境に近いビルマ北端の美しい英国風の街、ミイトキーナ。米軍情報部所属の日系二世、カール・ヨネダ軍曹は、陥落していまや死の街と化したこの戦場で、幼い子どもの手で書かれた絵ハガキの束を拾った。太平洋戦争中の1944年8月の出来事である。-こうして、戦中と戦後、日本とアメリカをむすぶ半世紀近い歳月の<戦争と平和>の記録ははじまる。戦後まもないある日、父のいない恵子の家に、一通の手紙がアメリカから届いた、<お父さんは帰国されましたか>。恵子の父、秋庭昂中尉は、<ケイコハヨイコニシテマスカ>という言葉とともに、北ビルマの赤い土となつてしまった。恵子は父の死について知りたくなかった。長い沈黙の時がつづいた。戦後四十数年経ち、かつての兵士たちも老いた。恵子は気づいた、父の姿は今という時を逃しては永遠に消えてしまう。父を探し求める旅がはじまった。シンガポールに、アメリカに、日本の各地に、そこには重い戦争の記憶を引きずる戦後があり、人びとがいた。そしてほとんど奇跡に近いことに、人びとの記憶の中に生きている父を発見したのである。秋庭昂中尉、38歳の最期をも。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • スコールのあとで
  • カールからの手紙
  • ビルマから帰った人
  • シンガポール
  • 父の肖像
  • 秋庭中尉
  • ミイトキーナへ
  • 赤い土

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ビルマの花 : 戦場の父からの手紙
著作者等 福田 恵子
書名ヨミ ビルマ ノ ハナ
出版元 みすず書房
刊行年月 1988.6
ページ数 270p
大きさ 20cm
ISBN 462200626X
NCID BN02396520
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88049672
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想