生体適合性ポリマー

片岡一則 ほか著

[目次]

  • 1 生物・医学領域における材料科学
  • 2 高分子材料の血液適合性(材料表面における血栓形成反応
  • 血小板‐材料間相互作用を媒介する因子
  • 細胞‐材料間相互作用の特徴
  • 抗血栓性材料とは)
  • 3 材料表面へのタンパク質吸着(吸着タンパク質の生医学的意義
  • 吸着タンパク質の解析
  • タンパク質の吸着量
  • 吸着タンパク質の構造変化
  • タンパク質の吸着配向
  • タンパク質の吸着分布
  • 吸着タンパク質の脱着・変換)
  • 4 抗血栓性材料の設計(抗血栓性の評価法
  • 高分子材料の表面特性と抗血栓性
  • 親水・疎水型ミクロドメイン構造表面の抗血栓性
  • 医用セグメント化ポリウレタンの抗血栓性
  • 結晶型・非晶型ミクロドメイン構造表面の抗血栓性)
  • 5 おわりに

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生体適合性ポリマー
著作者等 片岡 一則
桜井 靖久
由井 信彦
岡野 光夫
書名ヨミ セイタイ テキゴウセイ ポリマー
シリーズ名 高分子新素材one point 11
出版元 共立
刊行年月 1988.6
ページ数 128p
大きさ 19cm
ISBN 4320042352
NCID BN02393781
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88049133
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想