アメリカ史像の探究

デヴィッド・W.ノーブル 著 ; 目白アメリカ研究会 訳

本書は、1880年代から今日までに現れた4人の代表的なアメリカ史家-F.J.ターナー、C.ビアード、R.ホフスタッター、W.A.ウィリアムズ-と、一人の神学者R.ニーバーの主要な作品を取り上げ、その根底にある歴史観や政治哲学を詳しく検討することによって、アメリカ人のアメリカ・イメージの変遷を克明に跡づけたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 アメリカ史の転換点1890年
  • 2章 フレデリック・ジャクソン・ターナーとチャールズ・ビアード
  • 3章 チャールズ・ビアード
  • 4章 ラインホルド・ニーバー
  • 5章 リチャード・ホフスタッカー
  • 6章 ウィリアム・アップルマン・ウィリアムズ
  • 7章 現代アメリカと進歩のアイロニー

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アメリカ史像の探究
著作者等 Noble, David W
目白アメリカ研究会
ノーブル デヴィッド・W.
書名ヨミ アメリカシゾウ ノ タンキュウ
書名別名 The end of American history

Amerikashizo no tankyu
シリーズ名 有斐閣選書
出版元 有斐閣
刊行年月 1988.6
ページ数 315, 14p
大きさ 19cm
ISBN 464118092X
NCID BN02393646
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88055989
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想