放射線 : その線量,影響,リスク

国連環境計画 編 ; 吉沢康雄, 草間朋子 訳

本書は、放射線に関する世界最高権威のデータを要約した本である。本書により最大の議録の一つである放射線について正しく理解できる本である。二色刷の図解を多数使用して、わかりやすく解説した本である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 緒言
  • 2 放射線と生物(放射線の種類
  • 線量、単位)
  • 3 自然放射線源(宇宙線
  • 大地放射線
  • 体内被曝
  • ラドン
  • その他の線源)
  • 4 人工放射線源(医療放射線
  • 核爆発
  • 原子力発電
  • 職業被曝
  • 雑線源)
  • 5 人体に対する影響(急性の影響
  • がん
  • 遺伝的影響)
  • 6 リスクの容認

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 放射線 : その線量,影響,リスク
著作者等 United Nations Environment Programme
吉沢 康雄
国際連合環境計画
草間 朋子
国連環境計画
書名ヨミ ホウシャセン
書名別名 Radiation
出版元 同文書院
刊行年月 1989.1
ページ数 64p
大きさ 26cm
ISBN 4810340120
NCID BN02390171
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89050177
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想