衰退期のアメリカ経済

菰淵正晃 著

戦後世界資本主義体制の中心国アメリカの苦脳と没落、貿易赤字と財政赤字の「双子の赤字」ならびに軍事費の増大という、レーガン政権下によるアメリカ経済の危機と、ドル暴落の可能性、世界金融恐慌の危険の増大の問題と、アメリカ経済の衰退して行く姿をわかりやすく解明、分析。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 レーガン政権の登場
  • 第2章 1981‐82年恐慌
  • 第3章 アメリカ経済の光と影
  • 第4章 経済成長の鈍化
  • 第5章 財政赤字の巨額化と金利の高騰
  • 第6章 対日貿易赤字の増大とドル・円為替相場の調整
  • 第7章 1987年2月パリ-G5以降のアメリカ、日本の経済
  • 第8章 総括

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 衰退期のアメリカ経済
著作者等 菰淵 正晃
書名ヨミ スイタイキ ノ アメリカ ケイザイ
書名別名 Suitaiki no amerika keizai
出版元 泉文堂
刊行年月 1988.3
ページ数 169p
大きさ 21cm
ISBN 479300119X
NCID BN02372318
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88029394
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想