ヒトと機械はどう対話するか : ヒューマン・インタフェース入門

樋渡涓二 著

高度情報化社会の今日、人間がコンピュータやロボットなどの機械に相対して、情報のやりとりをすることが多くなってきた。人間と機械は本質的に異なるため、人間と機械の間にいろいろな問題が生じている。情報のやりとりの原点は、人間同士の会話であろう。まず会話の基本的な構造について調べ、コミュニケーション・モデルを提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 人間と機械の対話の新時代
  • 第2章 人間にとってコミュニケーションとは
  • 第3章 人間同士のコミュニケーションを考える
  • 第4章 人間と機械の接点をどう考えるか
  • 第5章 人間と機械のソフトウェアはどうちがうか
  • 第6章 人間と機械のハードウェアはどうちがうか
  • 第7章 ヒューマン・インタフェースを築くために

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヒトと機械はどう対話するか : ヒューマン・インタフェース入門
著作者等 樋渡 涓二
書名ヨミ ヒト ト キカイ ワ ドウ タイワスルカ
書名別名 Hito to kikai wa do taiwasuruka
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 1988.4
ページ数 205, 5p
大きさ 18cm
ISBN 4061327267
NCID BN02371009
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88038496
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想