砂糖はなぜ甘い? : カギとカギ穴の化学への誘い

西尾元宏 著

この本では、化学の基礎をきちんとふまえたうえでなければ、ほんとうのおもしろさが味わえないと思われる生物学的な主題をいくつかとりあげました。キーワードは「特異性」、すなわち副題とした「カギとカギ穴」の相互作用です。一見ふしぎとも思える酵素反応の特異性、そして生体防御の中心をなしている免疫機構にみられる特異性、クスリや毒とからだの中にある受容体との相互作用は、化学のことばで正確に記述されます。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 生命とは何だろう
  • 第2章 カギ穴の解剖学
  • 第3章 カギ穴の構築学
  • 第4章 テトラポッドの化学
  • 第5章 ブドウ酒から生まれた化学
  • 第6章 グー・チョキ・パーの化学
  • 第7章 ふれあいの化学
  • 第8章 選りごのみの化学
  • 第9章 酵素作用の化学
  • 第10章 ジッパーの化学-DNAの秘密
  • 第11章 凸と凹の化学-抗原と抗体
  • 第12章 毒と薬の化学-伝達物質と受容体
  • 付章 エネルギーとエントロピー

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 砂糖はなぜ甘い? : カギとカギ穴の化学への誘い
著作者等 西尾 元宏
書名ヨミ サトウ ワ ナゼ アマイ
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 1988.2
ページ数 211, 4, 5p
大きさ 18cm
ISBN 4061327186
NCID BN0237098X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88025845
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想