超精密材料ニューガラスの世界 : 光ファイバーからバイオ・ガラスまで

境野照雄 著

3000年前の昔から人類の生活のなかにとけ込んできたガラスというものが、エレクトロニクスからの、あるいはオプト・エレクトロニクスからの要請によって大きな変貌をとげた。レーザーを使う光通信の伝送路に不可欠なものとして登場したガラスファイバー以来、ガラスは透明度100キロメートルにおよび、不純物の混入を10億分の1の単位で気遣わなければならない超精密機能材料として生まれ変わったのである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 透明度とガラス
  • 第2章 究極の透明度
  • 第3章 光とガラス
  • 第4章 ガラスは硬い液体
  • 第5章 ガラスと色
  • 第6章 ガラスを作る
  • 第7章 ちょっと変わったガラス

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 超精密材料ニューガラスの世界 : 光ファイバーからバイオ・ガラスまで
著作者等 境野 照雄
書名ヨミ チョウ セイミツ ザイリョウ ニュー ガラス ノ セカイ
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 1988.5
ページ数 173p
大きさ 18cm
ISBN 4061327305
NCID BN02370753
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88042538
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想