「エクセルギー」のすすめ : 熱力学の革命がはじまっている

押田勇雄 著

だれでも、品物を買うとき、その量と質とをあわせて考える。ところが熱力学の世界には、質を考えない量だけの概念である「エネルギー」が、250年ほどの間、まかり通っていたことは、何としても不可解である。量と質をあわせて考えるエクセルギーを使うべきことは、当たり前すぎるほど当たり前である。これまでのエネルギー理論に変革を迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 エクセルギーってなに?
  • 第2章 資源と環境でエクセルギーを考える
  • 第3章 熱の価値はみんな同じだろうか?
  • 第4章 エントロピーとエクセルギーのかかわり
  • 第5章 開いた系のエクセルギー
  • 第6章 エクセルギーは化学反応にも適用できる
  • 第7章 増減するエクセルギー
  • 第8章 エクセルギーの応用

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「エクセルギー」のすすめ : 熱力学の革命がはじまっている
著作者等 押田 勇雄
書名ヨミ エクセルギー ノ ススメ
書名別名 Ekuserugi no susume
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 1988.4
ページ数 225, 2p
大きさ 18cm
ISBN 4061327275
NCID BN02370389
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88038423
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想