プラスチックの強度設計と選び方

成沢郁夫 著

プラスチックが、構造用・工業用材料として、本当に信頼を得て使われるようになるためには、プラスチックにたずさわる技術者が、その材料の強度や破壊の特性を知る必要がある。最新の研究成果も含めて、プラスチックの強度問題が理解できるよう、平易に解説してある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 プラスチック材料の現在と将来
  • 2章 プラスチックの構造とその性質
  • 3章 強度とその試験法
  • 4章 破壊強度と破壊機構
  • 5章 衝撃破壊と耐衝撃性
  • 6章 クリープ強さ
  • 7章 ストレスクラッキング(ESC)とクレイジング
  • 8章 疲労
  • 9章 硬さ
  • 10章 摩擦と摩耗

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 プラスチックの強度設計と選び方
著作者等 成沢 郁夫
書名ヨミ プラスチック ノ キョウド セッケイ ト エラビカタ
書名別名 Purasuchikku no kyodo sekkei to erabikata
シリーズ名 K books 57
出版元 工業調査会
刊行年月 1986.10
ページ数 151p
大きさ 19cm
ISBN 4769360576
NCID BN02370210
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87003917
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想