トリスタン・ツァラの仕事  2

トリスタン・ツァラ 著

1916年の「ダダ宣伝」から、《夢》と《愛》と《行動》の「シュルレアリスム時代」を経て、「戦後」の詩論、芸術論まで、必要にして十分な44のクリティクを集大成した本邦初の著作集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ダダの時代(アンチピリン氏の宣言
  • ギヨーム・アポリネール
  • フランシス・ピカピア
  • ロートレアモン伯に関するノート
  • 芸術に関するノート-ハンス・アルプ
  • さかさまに捉えた写真-マン・レイ
  • ジャック・リヴィエールへの公開書簡
  • トリスタン・ツァラ、悪徳の培養をこころざす)
  • 2 シュルレアリスムの時代(詩の状況に関する試論
  • パピエ・コレあるいは絵における諺
  • マックス・エルンストと表裏可逆のイマージュ
  • ホアン・ミロをめぐって
  • シュルレアリスムと戦後
  • ランボーの一貫性
  • トリスタン・コルピエールと叫びの極限
  • ナジム・ヒクメット
  • ピカソと認識への道
  • クルト・シュヴィッタース
  • アフリカの民族芸術について)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 トリスタン・ツァラの仕事
著作者等 Tzara, Tristan
塚原 史
大平 具彦
浜田 明
ツァラ トリスタン
書名ヨミ トリスタン ツァラ ノ シゴト
書名別名 詩篇
巻冊次 2
出版元 思潮社
刊行年月 1988.4
ページ数 322p
大きさ 22cm
ISBN 4783727309
NCID BN02363124
BN02363940
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88035078
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
詩篇 塚原史, 大平具彦
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想