新編悪場所の発想

広末保 著

中世遊行民の精神は、近世以後の新しい芸能集団にどう受け継がれたか。囲いこまれつつ独自の世界を形成した悪場所には、どのようにふてぶてしい創造力が満ちていたか。芭蕉・西鶴・近松・南北から芝居や廓まで、多様な作品と空間を自在にとびかいつつ、伝承的想像力の論理を鮮やかに捉えた、先駆的論集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 道行の時空
  • 遊行的なるもの
  • 遍路拒斥すべし
  • 現代流民考
  • 遊行の時空-遊行民・連歌師・芭蕉
  • 伝承の創造的回復-西鶴諸国はなし・笛吹川・吹越の城
  • 負の呪縛から-常陸坊海尊・かさぶた式部考
  • 痴の弁慶
  • 土俗・狂気・ユーモア
  • 悪場所論おぼえがき
  • 悪場所の秘儀-虚構の性
  • 女形、その虚構の性の美
  • なり瓢風に揺らるゝ
  • まがひもの-近松門左衛門
  • 幽霊の変貌-東海道四谷怪談の方法
  • 幕末転形期の芸術-絵金の芝居絵

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新編悪場所の発想
著作者等 広末 保
書名ヨミ シンペン アクバショ ノ ハッソウ
シリーズ名 筑摩叢書 324
出版元 筑摩書房
刊行年月 1988.6
ページ数 260p
大きさ 19cm
ISBN 4480013245
NCID BN02355352
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88053242
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想