だれにもわかるやさしい飲み水の話

本間都 著

水道水にトリハロメタンという発ガン性物質が入っています。ひとりの主婦がその事実を知って、追放運動に立ち上がりました。本書は、蛇口をのぞき窓として、川や湖や地下水の汚染、下水処理のあり方、合成洗剤の危険性、家庭でできる対策などを楽しいイラスト入りで説いた実践的入門書です。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 湖や川を飲む(飲み水はどこから
  • 塩素登場
  • 飲み水の安全をとり戻すために
  • トリハロメタンとは?
  • 発ガンのメカニズム
  • 農薬を飲む
  • 河川水の変異原性)
  • 第2章 地下水が危ない(土に水を返そう
  • 緑のダム=森林
  • 地下に眠る水
  • 地下水はなぜおいしいか
  • 水の味と質
  • ハイテク社会と水汚染)
  • 第3章 水は人間が汚す(水は甦えりつつ地球をめぐる
  • 住民の手で調査する
  • 大阪は京都のオシッコを飲んでいる
  • くみとり式はすすんだトイレ
  • コミュニティプラントに市民権を
  • ダムをなぜつくる)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 だれにもわかるやさしい飲み水の話
著作者等 本間 都
書名ヨミ ダレニモ ワカル ヤサシイ ノミミズ ノ ハナシ
出版元 北斗
刊行年月 1987.8
ページ数 180p
大きさ 19cm
ISBN 4938427354
NCID BN02353823
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87052396
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想