津田梅子

山崎孝子 著

明治4年、岩倉大使一行にまじって満7歳の振袖・稚児髷姿で渡米留学した津田梅子は、不自由な異国の生活を克服して、勉学に励み、長じて帰国後は、女性の解放と女子高等教育の開拓に精魂を尽した。本書は厳密な資料操作に基づき、細やかな愛情を投げかけつつ、梅子の生涯と社会環境とを鮮やかに展開した感動を呼ぶ一編である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 おいたち
  • 2 少女時代
  • 3 私塾創立への歩み
  • 4 女子英学塾とともに
  • 5 晩年
  • 略年譜

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 津田梅子
著作者等 山崎 孝子
日本歴史学会
書名ヨミ ツダ ウメコ
書名別名 Tsuda umeko
シリーズ名 人物叢書 新装版
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1988.6
版表示 〔新装版〕
ページ数 313p
大きさ 19cm
ISBN 4642051228
NCID BN02347070
BN02399030
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88042103
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想