近松門左衛門

河竹繁俊 著

「作者の氏神」とたたえられる大近松も、その人物像や生活については意外に知られるところが多くない。本書は歌舞伎研究に畢生の努力を傾けた著者が、多年にわたって渉猟した資料によってまとめた詳伝であり、その生涯を作品とともに始めて明らかにした各界絶賛の書。歌舞伎や浄瑠璃の理解は、本書を通して一段と深められよう。

「BOOKデータベース」より

付: 主要参考文献231-235p

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 第1 生いたち
  • 第2 劇場の人となって
  • 第3 劇場第2期
  • 第4 大成期の近松
  • 第5 晩年と死
  • 第6 近松の芸術観
  • 第7 生活と人物
  • 第8 その史的位相
  • 杉森家系図
  • 略年譜

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 目次
  • はしがき
  • 第一 生いたち / 1
  • 一 出生の地と杉森系図 / 1
  • 二 青年時代 / 6
  • 第二 劇場の人となって / 21
  • 一 宇治加賀掾の業績と近松 / 21
  • 二 画期的な『世継曾我』 / 29
  • 三 近松と歌舞伎 / 35
  • 四 竹本義太夫の旗上げ / 40
  • 第三 劇場第二期 / 53
  • 一 歌舞伎作者としての近松 / 53
  • 二 御家狂言という形式 / 62
  • 三 『曾根崎心中』を契機として / 78
  • 第四 大成期の近松 / 91
  • 一 竹本座の座附作者となる / 91
  • 二 二代目義太夫時代 / 116
  • 第五 晩年と死 / 134
  • 一 その晩年 / 134
  • 二 辞世 / 142
  • 第六 近松の芸術観 / 151
  • 第七 生活と人物 / 172
  • 一 家庭生活 / 172
  • 二 その人物 / 183
  • 第八 その史的位相 / 196
  • 杉森家系図 / 216
  • 略年譜 / 217
  • 主要参考文献 / 231
  • 口絵
  • 近松門左衛門画像及び辞世の歌 / 巻頭
  • 近松門左衛門画像 / 巻頭
  • 近松の筆蹟 / 巻頭
  • 近松と妻の墓碑銘 / 巻頭
  • 宇治加賀掾 / 36
  • 院本『出世景清』第一頁 / 47
  • 初代坂田藤十郎 / 57
  • 絵入狂言本『傾城仏の原』 / 70
  • 曾根崎心中『出語り出遣いの図』 / 83
  • 院本『国性爺合戦』第一頁 / 119
  • 『博多小女郎浪枕』-元船の場 / 126
  • 『心中天の網島』-河庄 / 127

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 近松門左衛門
著作者等 日本歴史学会
河竹 繁俊
書名ヨミ チカマツ モンザエモン
シリーズ名 人物叢書
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1958
版表示 〔新装版〕
ページ数 235p 図版
大きさ 18cm
ISBN 464205121X
NCID BN02346147
BN02361639
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
58013014
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想