反国家の兇区

新川明 著

[目次]

  • 反国家の兇区
  • 目次
  • I
  • 幻像としての<日本> / 7
  • 内なる「辺境」から--喜舎場永珣著『八重山古謡』にふれて / 35
  • 大江健三郎への手紙 / 40
  • 情念の叛乱 / 52
  • 一人の表現者 / 55
  • II
  • 「非国民」の思想と論理--沖縄における思想の自立について / 61
  • III
  • 沖縄近代史研究の一視点--謝花昇・伊波普猷をめぐって / 143
  • <復帰>思想の葬送--謝花昇論ノート1 / 159
  • <狂気>もて撃たしめよ--謝花昇論ノート2 / 182
  • 新たなる処分への文化的視座 / 213
  • IV
  • 〝想像力〟を問われる闘争 / 247
  • <憲法幻想>の破砕 / 253
  • <復帰>思想の虚妄 / 273
  • 「差別告発」から「反逆」の持続へ / 291
  • <反国家の兇区>としての沖縄 / 302
  • あとがき / 328
  • 初稿発表紙誌一覧 / 332

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 反国家の兇区
著作者等 新川 明
書名ヨミ ハン コッカ ノ キョウク
書名別名 Han kokka no kyoku
出版元 現代評論社
刊行年月 1971
ページ数 331p
大きさ 20cm
NCID BN02344662
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
73005529
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想