植物の組織培養入門 : 医薬品・食品・香粧品への応用

西村功, 松本武 共著

植物は多くの有用物質を産出していて、医薬品・食品・香粧品・農業の各分野に広く応用されているが、これらの有用物質を容易に得る手段として、いま組織培養技術が注目されている。そこで、植物はどのような有用物質を作りだしているか、また、その物を得る方法はどうすれば良いのか、大量に確保するにはどうすれば良いのか、ということを平易に解説し、読者に植物利用の一端を理解してもらおうとするものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 植物組織培養は何故必要か
  • 2章 植物が作りだすファインケミカルズ
  • 3章 植物組織培養技術
  • 4章 大量培養技術
  • 5章 応用への展開

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 植物の組織培養入門 : 医薬品・食品・香粧品への応用
著作者等 松本 武
西村 功
書名ヨミ ショクブツ ノ ソシキ バイヨウ ニュウモン
書名別名 Shokubutsu no soshiki baiyo nyumon
シリーズ名 K books 59
出版元 工業調査会
刊行年月 1987.3
ページ数 172p
大きさ 19cm
ISBN 4769360592
NCID BN02339480
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88005309
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想