はじめての禅

竹村牧男 著

禅のいう「本来の面目」とは、何だろうか?どこにあるのだろうか?"禅問答"にみられる独特の言語観や、現在・過去・未来を一挙に見通した時間論、そして、ただひたすら坐る只管打坐によってよみがえる身心の姿など、現代思想としても今に生きる禅の叡知を、明晰に解く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 真実の自己を尋ねて<実在>
  • 2 「春は花」の風光<言語>
  • 3 永遠の今に生きる<時間>
  • 4 仏に逢うては仏を殺す<身心>
  • 5 平常無事のこころ<行為>
  • 6 自他不二の世界<協働>
  • 7 大悲に遊戯して<大乗>

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 はじめての禅
著作者等 竹村 牧男
書名ヨミ ハジメテ ノ ゼン
書名別名 Hajimete no zen
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 1988.6
ページ数 230p
大きさ 18cm
ISBN 4061489038
NCID BN02337270
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88048766
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想