史記  4

司馬遷 著

呂后の凄惨きわまる復讐劇と貧婪な権力欲。だが天下は久々の安定を見、経済活動も活発化する。かくて武帝は漢朝創業以来60年の蓄積の上に儒教道徳を核にした支配を確立、さらに異民族にまでこれを及ぼそうとする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 女傑君臨(呂后一代記-呂后と恵帝
  • 専権のあと-呂氏と劉氏
  • 舞台裏-張良、陳平、周勃、陸賈)
  • 2 再建への道(新時代の立役者-袁〓と晁錯
  • 酷吏登場-〓都、寧成、周陽由
  • 呉・楚七国の乱-呉王劉〓、膠西王〓)
  • 3 大帝の治世(光と影-武帝の初期
  • 学問は世を飾る-公孫弘と汲黯
  • 経済、法律、道徳-東郭〓陽、孔僅、卜式
  • 屋台骨-張湯
  • 法令強化の果てに-王温舒、杜周
  • 太平の花ひらく-桑弘羊)
  • 4 漢世界の拡大(朔北騎馬の民-匈奴伝
  • 名将軍列伝-衛青、〓去病、李広
  • 汗血馬をもとめて-張騫と絹の道)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 史記
著作者等 丹羽 隼兵
司馬 遷
大石 智良
書名ヨミ シキ
書名別名 権力の構造
巻冊次 4
出版元 徳間書店
刊行年月 1972
版表示 第2版
ページ数 334p
大きさ 20cm
ISBN 4192636425
NCID BA78684032
BN02189570
BN02326525
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
73020017
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
権力の構造 丹羽隼兵, 大石智良
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想