チベット旅行記

河口慧海 著 ; 長沢和俊 編

ついにチベットに入った慧海は、念願の仏教大学入学を許可された。法王ダライ・ラマにも会い、医者としての名声も高まり平穏で順調な毎日を過ごしていたが、次第に外国人ではないか、という噂がたちはじめ、ラサを離れる決心をする。だが、行く手には乗り越えなければならない関所がいくつも待ちかまえていた…。

「BOOKデータベース」より

ただひとり、ひたすら求道の情熱に身を任せ、明治33年、日本人として最初にチベットに入国した河口慧海。その旅行記は古典的名著であり、読み物としても抜群の面白さを備えている。上巻では、明治30年6月、日本を出発し、装備も不十分なまま寄せ来る困難をしのぎながらヒマラヤ越えに挑んださまを描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 異域の元旦
  • 二か月間の読経
  • 不潔な奇習
  • 正月の嘉例
  • 防霰奇術
  • はるかにラサを望む
  • 法王宮殿の下に着く
  • チベット人を名乗る
  • セラ大学生となる
  • 法王に召される〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • チベット入り決心の次第
  • 出立まえの功徳
  • 探検の門出および行路
  • 語学の研究
  • チベット入りの道筋
  • 奇遇
  • 間道のせんさく
  • ヒマラヤ山中の旅行
  • 山家の修行
  • 北方雪山二季の光景〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 チベット旅行記
著作者等 河口 慧海
長沢 和俊
書名ヨミ チベット リョコウキ
出版元 白水社
刊行年月 1978.6
ページ数 389p
大きさ 20cm
ISBN 4560073724
NCID BN02325588
BN02824238
BA6863340X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
78021365
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想