日本的親子観をさぐる : 「さんせう太夫」から「忠臣蔵」まで

片岡徳雄 著

古くからの庶民の哀歓や願望、あるいは生活相や時代相がこめられてきた歌舞伎や浄瑠璃、謡曲、説経。庶民はこれらを観たり聴いたりして楽しみつつ、わが身を内省した。その中に示された子どもの自立や世代交替の葛藤、親子の断絶や別離等は、現代でも示唆に富んだ内容となっている。これら日本人の心性を形成してきた古典大衆芸能の中の親子像を検証し、父と子、母と子等、日本的親子関係を再考する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 日本的親子関係をさぐる
  • 1 中世に生きる親と子-自立と共存
  • 2 中世から近世へ-小家族のまとまり
  • 3 近世に現れた親子関係-世俗社会とのかかわり
  • 4 江戸中期『忠臣蔵』前後-見直される親子関係
  • エピローグ 心性史と教育論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本的親子観をさぐる : 「さんせう太夫」から「忠臣蔵」まで
著作者等 片岡 徳雄
書名ヨミ ニホンテキ オヤコカン オ サグル
シリーズ名 NHKブックス 553
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 1988.6
ページ数 205p
大きさ 19cm
ISBN 4140015535
NCID BN02323582
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88047745
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想