世界の大遺跡  9

樋口 隆康【編著】

周口店の洞穴から第一歩を踏みだした古代中国の文化は黄土の大地に豊かに稔った。戦乱の世を統一した秦の大軍団は地下に眠り埋もれた漢帝国の遺宝は再び世界の脚光を沿びる。遥かなるシルクロードに仏教美術の精華は刻まれ、大唐の都長安の栄華は悲劇の王族の墓に描かれた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 黄土と大河の文明
  • 中国文明のあけぼの
  • 夏王朝から世国の世へ
  • 秦漢帝国の遺産
  • 石窟寺院と隋唐の文化

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界の大遺跡
著作者等 文物出版社
樋口 隆康
秋山 進午
書名ヨミ セカイ ノ ダイイセキ
書名別名 古代中国の遺産
巻冊次 9
出版元 講談社
刊行年月 1988.6
ページ数 175p
大きさ 36cm
ISBN 4061921592
NCID BN02318560
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88044767
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
古代中国の遺産 文物出版社, 樋口隆康
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想