似て非なる友について : 他三篇

プルタルコス 著 ; 柳沼重剛 訳

これみよがしのおべっか使いが相手なら話は単純だ。本当に厄介なのは、見え透いたやり口は使わずにすり寄ってくる連中である。ではどうすればこの手合いを真の友人から見分けられるか?こう説き起こしてプルタルコスは彼らの手口のあの手この手を実例をあげて紹介する。よく人間を知る者ならではの観察眼がひかるエッセイ4篇。

「BOOKデータベース」より

これみよがしのおべっか使いが相手なら話は単純だ。本当に厄介なのは、見え透いたやり口は使わずにすり寄ってくる連中である。ではどうすればこの手合いを真の友人から見分けられるか?こう説き起こしてプルタルコスは彼らの手口のあの手この手を実例をあげて紹介する。よく人間を知る者ならではの観察眼がひかるエッセイ4篇。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 似て非なる友について
  • 健康のしるべ
  • 怒らないことについて
  • 爽快な気分について

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 似て非なる友について
  • 健康のしるべ
  • 怒らないことについて
  • 爽快な気分について

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 似て非なる友について : 他三篇
著作者等 Plutarch
Plutarchus
柳沼 重剛
プルタルコス
書名ヨミ ニテ ヒナル トモ ニ ツイテ
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1988.6
ページ数 312p
大きさ 15cm
ISBN 4003366441
NCID BN02317852
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88051274
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 古典ギリシア語(1453年まで)
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想