自己抑制と自己実現 : がまんの心理学

磯貝芳郎, 福島脩美 著

待つ、耐える、粘る、頑張る…。いきすぎた「がまん」は、こころの歪みやねじれをもたらす。一方、エゴ抑制の習慣がなければ、人間らしく生きていくことはできない。「がまん」=自己抑制のメカニズムを解き、その活用法をとおして、ストレス時代の「自己実現」を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 消費時代に生きる我慢
  • 第2章 我慢強さの形成
  • 第3章 感覚刺激に対する我慢
  • 第4章 我慢と心身の反応
  • 第5章 我慢を生む脳の働き
  • 第6章 我慢上手になる方法
  • 第7章 我慢を学ぶ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自己抑制と自己実現 : がまんの心理学
著作者等 磯貝 芳郎
福島 脩美
書名ヨミ ジコ ヨクセイ ト ジコ ジツゲン
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 1987.1
ページ数 211p
大きさ 18cm
ISBN 4061488430
NCID BN02313385
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87018401
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想