作家とその影 : 文学の美学序説

ガエタン・ピコン 著 ; 加納晃, 金子博 訳

[目次]

  • 第一章 謎としての作品 / 1
  • 第二章 意識としての作品 / 12
  • 第三章 美の経験と作品の判断 / 28
  • 第四章 作品の経験 / 66
  • 第五章 作品と多くの作品 / 87
  • 第六章 美学と芸術哲学 / 105
  • 第七章 美学と形式の分析 / 152
  • 第八章 美学と芸術学 / 173
  • 第九章 美学と歴史 / 191
  • 第十章 美学と批評 / 223
  • 第十一章 価値判断の方法論としての美学 / 255
  • 第十二章 悔いとしてのまた喜びとしての芸術 / 304
  • 注 / 314
  • 訳者あとがき / 323

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 作家とその影 : 文学の美学序説
著作者等 Picon, Gaëtan
加納 晃
金子 博
ガエタン・ピコン
書名ヨミ サッカ ト ソノ カゲ : ブンガク ノ ビガク ジョセツ
書名別名 Sakka to sono kage
シリーズ名 現代文芸評論叢書
出版元 紀伊国屋書店
刊行年月 1963
ページ数 330p
大きさ 20cm
NCID BN02311211
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
63001901
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想