文芸批評論

T.S.エリオット 著 ; 矢本貞幹 訳

透徹した知性と該博な知識によって20世紀ヨーロッパ文学に屹立する詩人エリオット(1888‐1965)。その批評活動は、強固な"伝統の意識"の上に立って展開されている。今なお鋭く読者に問題をつきつけて迫る彼の評論から、「伝統と個人の才能」「批評の機能」「形而上詩人」など、必読の10篇を精選したアンソロジー。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 伝統と個人の才能
  • 完全な批評家
  • 批評の機能
  • 批評の実験
  • 批評の限界
  • 宗教と文学
  • 形而上詩人
  • アーノルドとペイター
  • パスカルの『パンセ』
  • ボドレール

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 目次
  • 伝統と個人の才能 / 7
  • 完全な批評家 / 21
  • 批評の機能 / 39
  • 批評の実験 / 57
  • 批評の限界 / 79
  • 宗教と文学 / 105
  • 形而上詩人 / 123
  • アーノルドとペイター / 143
  • パスカルの『パンセ』 / 163
  • ボドレール / 185
  • 解説 / 205

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 文芸批評論
著作者等 Eliot, T. S.
Eliot, Thomas Stearns
矢本 貞幹
エリオット T.S.
T.S.エリオット
書名ヨミ ブンゲイ ヒヒョウロン
出版元 岩波書店
刊行年月 1962
版表示 改版
ページ数 210p
大きさ 15cm
ISBN 4003225813
NCID BN00914442
BN02309898
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
62009331
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想