付加価値の経済学

白川清 著

「人間の学としての経済学」をめざす本書は、まずロビンソンの家族が「自然の恵み」で生活する家計から出発し、さらには国際貿易と世界平和の中で生活する、という体系である。これはまた、ミクロ経済学とマクロ経済学の新しい結合を試みたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 人間の学としての経済学
  • 第1章 自然と人間の経済-孤島のロビンソンの経済
  • 第2章 市場経済の基本機構
  • 第3章 市場経済の富と貨幣
  • 第4章 家計の需要と供給
  • 第5章 企業の資本と組織
  • 第6章 費用と付加価値の生産
  • 第7章 市場競走と価格機構
  • 第8章 賃金と労働市場
  • 第9章 商業信用と商業
  • 第10章 銀行信用と中央銀行
  • 第11章 資本信用と金融市場
  • 第12章 景気循環と技術革新
  • 第13章 国民所得
  • 第14章 国家の機能と財政
  • 第15章 国際貿易

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 付加価値の経済学
著作者等 白川 清
書名ヨミ フカ カチ ノ ケイザイガク
書名別名 Fuka kachi no keizaigaku
出版元 筑波書房
刊行年月 1988.3
ページ数 322p
大きさ 22cm
ISBN 4886700551
NCID BN02306878
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88042188
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想