日本の社会史  第6巻 (社会的諸集団)

朝尾直弘 ほか編

近代以前の社会集団のあり方は、現代の日本人の意識に深い影響を及ぼしているという。本巻は古代〜近世の様々な社会集団を取り上げ、その複雑な性格が歴史的にどのように形成されたのかを解明する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 日本古代の「クニ」(鎌田元一)
  • 2 古代社会における「ウヂ」(吉田孝)
  • 3 家と一族(羽下徳彦)
  • 4 近世の「いえ」(山口徹)
  • 5 近世商人の同族組織(賀川隆行)
  • 6 近世農民の地理的移動と階層間移動(速水融)
  • 7 中世寺院の僧侶集団(久野修義)
  • 8 供御人・神人・寄人(大山喬平)
  • 9 賎視された職人集団(横田冬彦)
  • 10 惣村から町へ(朝尾直弘)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の社会史
著作者等 朝尾 直弘
吉田 孝
山口 啓二
網野 善彦
書名ヨミ ニホン ノ シャカイシ
書名別名 社会的諸集団

Nihon no shakaishi
巻冊次 第6巻 (社会的諸集団)
出版元 岩波書店
刊行年月 1988.6
ページ数 362p
大きさ 22cm
ISBN 400004026X
NCID BN02304533
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88046127
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想