演劇思想の冒険

西堂行人 著

今、劇場で何が起こっているのか!現代演劇のパラダイム変換を1960年代以後の"アングラ演劇史"とアングラ演劇史をも含みこんだ明治以降の"近代演劇史"という二つの演劇史を重ねあわせて明らかにする!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 演劇思想の冒険(演劇思想の冒険
  • 観客像の変貌
  • 集団創造の過程
  • 現代演劇への視座)
  • 第2部 もうひとつの演劇(舞台と客席の<あいだ>
  • 演劇は変貌するか
  • もうひとつの演劇-ヤン・ファーブルの対岸性、此岸性
  • 演劇の近未来像)
  • 第3部 アングラ・パラダイムの成立と崩壊(演劇シーンの変容
  • 情報資本主義と演劇
  • アングラ・パラダイムの成立と崩壊
  • 肉体から身体へ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 演劇思想の冒険
著作者等 西堂 行人
書名ヨミ エンゲキ シソウ ノ ボウケン
出版元 論創社
刊行年月 1987.10
ページ数 294p
大きさ 20cm
NCID BN02296388
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88050696
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想