日本近代思想大系  10

加藤周一 ほか編

福沢諭吉、中村正直、中江兆民ら代表的知識人がみずからの課題として求めたもの…、西洋学受器の過程、知識人の社会的役割、国家と大学・学問との関係についての諸論に、かれらの格闘の跡を見る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 西洋学の受容
  • 2 方法的態度の導入
  • 3 学者・知識人の課題
  • 4 社会的効用と学問
  • 5 国家形成と大学
  • 6 諸学の形成
  • 解説(新しい学問の形成と知識人-阪谷素・中村敬宇・福沢諭吉を中心に
  • 日本学問の持続と転回)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本近代思想大系
著作者等 加藤 周一
山室 信一
松本 三之介
加藤周一ほか
書名ヨミ ニホン キンダイ シソウ タイケイ
書名別名 学問と知識人

Nihon kindai shiso taikei
巻冊次 10
出版元 岩波書店
刊行年月 1988.6
ページ数 498p
大きさ 22cm
ISBN 4002300102
NCID BN02285111
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88044703
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
学問と知識人 山室信一, 松本三之介
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想