イスラム哲学への扉 : 理性と啓示をめぐって

オリバー・リーマン 著 ; 中村広治郎 訳

ギリシア哲学の流れに続くイスラム哲学者と、唯一神アラーの啓示によって立つ神学者が、中世、自己と真理を確立すべく、どう戦い苦悩したか。世界の創造、霊魂、知性、幸福などの命題を取り上げ、その足跡をたどる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 イスラムの展開と哲学
  • 第1部 哲学に対するガザーリーの攻撃(神は世界をいかに創ったか
  • 霊魂の不死性と能動知性
  • 神は個物を知りうるか)
  • 第2部 実践的推論における理性と啓示(宗教の倫理は客観的か主観的か
  • 幸福・哲学・社会
  • イスラム哲学をいかに読むか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 イスラム哲学への扉 : 理性と啓示をめぐって
著作者等 Leaman, Oliver
中村 広治郎
リーマン オリバー
書名ヨミ イスラム テツガク エノ トビラ
書名別名 An introduction to medieval Islamic philosophy
出版元 筑摩書房
刊行年月 1988.5
ページ数 331p
大きさ 22cm
ISBN 4480841806
NCID BN02282827
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88044709
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想