脳 : 1400グラムの宇宙

小出五郎 著

「人間であること」を支える小さな器官、宇宙にも比すべき複雑さをもつ"脳"の驚異と謎を、最新の研究をもとに描き出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 脳の中に人間がいる(論争「脳VS心臓」
  • ガレノスの反証
  • カハールの発見
  • ニューロンとシナプス
  • ガルヴァーニの発見
  • 神経伝達物質
  • ニューロンのネットワーク)
  • 第2章 人間の脳・動物の脳(心はどこにあるか
  • 体内時計
  • 洞窟滞在実験
  • パイロットの悩み
  • 自律神経とホルモンの中枢
  • ストレスの時代
  • フィニアス・ゲイジの物語
  • 大脳の動物「人間」)
  • 第3章 正常と異常(妄想は夢に似ている
  • 文学にみる幻覚と幻聴
  • 精神分裂病の診断
  • ラボリの発見
  • ドーパミン仮説
  • 世界に逆行した日本)
  • 第4章 生れと育ち(言語は民族の証明書
  • 日本語の特徴「母音」
  • アボリジンの特殊「能力」
  • 神経細胞のネットワーク
  • 刺激でシナプスが変わる
  • 刺激でDNAの働きも変わる
  • 男性ホルモンの役割
  • チンパンジーは話せるか
  • 語義は左脳、語調は右脳
  • 言葉に感情を加味する)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 脳 : 1400グラムの宇宙
著作者等 小出 五郎
書名ヨミ ノウ
書名別名 No
シリーズ名 朝日選書 351
出版元 朝日新聞社
刊行年月 1988.4
ページ数 241, 4p
大きさ 19cm
ISBN 4022594519
NCID BN02273848
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88034514
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想