アジアから来た出稼ぎ労働者たち

内海愛子, 松井やより 編

アジア人労働者の入国を含めて、今、日本の外国人労働者受け入れの政策が変わろうとしている。長い間の「鎖国」政策がゆらぎ始めたのである。行政はすでに具体的な検討に入っている。お上にまかせるのではなく私たち一市民としても、この問題を考えていきたい。本書はその第一歩として、今、何がおきているのか、現状を考えることを中心に構成されている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • アジアの人たちとともに
  • 日本で働くアジア人たち(フィリピン人の家内労働者たち
  • アジアの片隅から
  • 人権侵害に泣く-アジア人男性出稼ぎ労働者
  • 「国際結婚」は嫁不足を解消しない)
  • アジアからの出稼ぎ女性とわたしたち

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アジアから来た出稼ぎ労働者たち
著作者等 内海 愛子
松井 やより
書名ヨミ アジア カラ キタ デカセギ ロウドウシャタチ
出版元 明石書店
刊行年月 1988.4
ページ数 259p
大きさ 19cm
ISBN 4750301930
NCID BN02272608
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88039689
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想