ゲーテの自然体験

芦津丈夫 著

ゲーテの自然体験にひそむ独自の時間意識、生と死を反復する、怪物のような時の相を掘り下げる著者多年の成果を集めた力作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 ゲーテと現代
  • 第1章 臍の緒-『湖上にて』初稿をめぐって
  • 第2章 創造と破壊としての自然
  • 第3章 永遠に反〓する怪物
  • 第4章 自然詩-『旅人の夜の歌』をめぐって
  • 第5章 ラオコオン群像
  • 第6章 ゲーテと音楽-眼と耳
  • 第7章 大地の呼吸-ゲーテのアンテーウス性
  • 第8章 永却回帰-ファウストの海との戦い

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ゲーテの自然体験
著作者等 芦津 丈夫
書名ヨミ ゲーテ ノ シゼン タイケン
出版元 リブロポート
刊行年月 1988.2
ページ数 297p
大きさ 20cm
ISBN 4845703262
NCID BN02268451
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88030056
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想