岩波講座東洋思想  第12巻 (東アジアの仏教)

長尾雅人 ほか編

西域をへて中国に渡来した仏教は独自の世界を形成した漢字文化圏における仏教の全体像に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 東アジア仏教思想史-漢訳仏教圏の形成
  • 2 東アジア仏教思想の展開(中国仏教の形成
  • 天台
  • 華厳
  • 浄土
  • 朝鮮仏教
  • 日本仏教)
  • 3 東アジア仏教思想の特質(漢訳仏典論
  • 仏性論争
  • 倶舎と唯識の学
  • 本覚思想の形成
  • 密教の展開
  • 戒律と清規
  • 法華思想の展開)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 岩波講座東洋思想
著作者等 長尾 雅人
高崎 直道
上山 春平
井筒 俊彦
服部 正明
梶山 雄一
福永 光司
長尾雅人ほか
書名ヨミ イワナミ コウザ トウヨウ シソウ
書名別名 東アジアの仏教
巻冊次 第12巻 (東アジアの仏教)
出版元 岩波書店
刊行年月 1988.6
ページ数 361p
大きさ 21cm
ISBN 4000103326
NCID BN02263731
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88046064
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想