大いなる山の日々

ワルテル・ボナッティ 著 ; 横川文雄 訳

けっして忘れてならないことは、到達しがたいもののもつ魅力をいつまでも保つためには、これがいずれは征服されるにしても、それをぶちこわしてはならないのである。さらに忘れてならないことは、偉大な山々には、人間が与えた価値があるということである。そうでなければ、およそ山というものは、ただの石の積み重なりにすぎないであろう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 大悲劇
  • プトレイの大岩稜-新ルート
  • アルピニズムについて
  • グランド・ジョラス北壁-冬期初登攀
  • ゼウスの膝もとで
  • アイガー北壁
  • 寒極
  • ウィンパー稜
  • アルピニズムよ、さらば!
  • マッターホルン北壁-最後の単独行
  • 重いメダル

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大いなる山の日々
著作者等 Bonatti, Walter
横川 文雄
ボナッティ ワルテル
書名ヨミ オオイナル ヤマ ノ ヒビ
出版元 白水社
刊行年月 1974
ページ数 233p 図
大きさ 21cm
ISBN 4560030065
NCID BN02258607
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
73010829
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 イタリア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想