ゴールの雄鶏 : ことばにみるフランス

林勝一 著

フランスの新聞・雑誌にみる生きたことばの用例集。歴史の深い根から生まれたことばの、辞書にもない使われ方をふんだんに紹介する異色の社会・文化論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 国際摩擦のなかで
  • 第1章 スープを食べる-料理と政治(ぶどう酒抜きの食事なんて
  • 白パンのフランス
  • 塩とソース
  • 料理さまざま)
  • 第2章 共和国は退位せず-国家と社会(共和国の宮廷政治
  • 貴族の名残
  • エリートの社会
  • 強い家族関係
  • 国家と国民)
  • 第3章 明日は無料で-暮らしと経済(城郭のなかで
  • 付き合いの作法
  • 病魔との闘い
  • 残酷物語
  • しまり屋
  • 手練手管)
  • 第4章 ヨーロッパの転車台-世界のなかのフランス(かぐわしのフランス
  • ヨーロッパの十字路
  • 愛国主義
  • 異なることへの権利)
  • 終章 よりよい理解のために

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ゴールの雄鶏 : ことばにみるフランス
著作者等 林 勝一
書名ヨミ ゴール ノ オンドリ
出版元 筑摩書房
刊行年月 1988.4
ページ数 323p
大きさ 20cm
ISBN 4480854304
NCID BN02255507
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88036154
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想