東京の地震を考える

日本科学者会議 編

[目次]

  • 『東京の地震を考える』
  • 目次
  • 刊行によせて 東京都知事 美濃部亮吉 / 3
  • まえがき 日本科学者会議 / 5
  • 第I編 東京の地震
  • 第一章 東京に震害をあたえる地震について 東京大学教授 宮村摂三 / 22
  • 第二章 地震動と構造物の耐震性 岐阜大学教授 村松郁栄 / 41
  • 第三章 東京の地震災害 東京都立大学教授 中野尊正 / 61
  • 第II編 この場所で、この時刻に、こうしていたとき、関東地震なみの大地震がグラグラときたら、どう対処したらよいでしょうか / 80
  • 設問1 木造平家の台所で夕食の炊事をしていたとき(小学一年と三才の二児をもつ夫婦と老夫婦の六人家族、外は微風)
  • 設問2 木造二階建のセントラルヒーティングにしてある二階で、夜、赤ちゃんと寝ていたとき
  • 設問3 木造二階建の商店で、夜、石油ストーブをつけて二階で寝ていたとき
  • 設問4 一階がガレージでブロック建築、その二階で、夜、プロパンガス・ストーブをつけていたとき
  • 設問5 木造三階建の二階で、夜、寝ていたとき
  • 設問6 公団住宅の一階で、ガスストーブをつけて、夜、テレビを見ていたとき
  • 設問7 木造平屋モルタル建築の自動車修理工場で、ガソリンで部分品を洗っていたとき
  • 設問8 木造二階建のオモチャ工場で、シンナーを使っていたとき
  • 設問9 木造二階建の工場で、ガスなど火を使う作業をしていたとき
  • 設問10 中華料理店を経営していて、夕方、忙しく調理に追われていたとき
  • 設問11 天ぷら屋を経営していて、昼食時、忙しく天ぷらをあげていたとき
  • 設問12 焼とり屋をしていて、夜、忙しく焼いていたとき
  • 設問13 フロ屋を経営していて、夜、お客が入浴しているとき
  • 設問14 十階建のビルの地下ガレージで、自動車を洗っていたとき / 153
  • 設問15 五階建のビルの一階にある事務所の窓ガラス側で事務をとっていたとき / 155
  • 設問16 昼休みに十二階のビルの屋上で休憩していたとき / 157
  • 設問17 デパートの五階で、五歳の子どもを連れて買物をしていたとき
  • 設問18 デパートで、三階から四階へのエスカレーターに乗っていたとき
  • 設問19 デパートのエレベーターに乗っていたとき
  • 設問20 ボーリング場で、夜、遊んでいたとき
  • 設問21 劇場、映画館で、夜、観覧していたとき / 178
  • 設問22 地下街で、昼間、買物(飲食)していたとき
  • 設問23~24 朝の通勤時、地下鉄に乗っていたとき(地下鉄ホームにいたとき)
  • 設問25~27 朝、夕の通勤時、国電(私鉄)に乗っていたとき(国電ホームにいたとき)
  • 設問28 高速道路上で自動車を走らせていたとき / 202
  • 設問29 タンクローリーを運転して、高速道路上のトンネルにはいったとき
  • 設問30 ライトバンを運転して路地にはいったとき / 206
  • 設問31 夕刻、乗用車を運転して繁華街にはいったとき / 206
  • 設問32 ガソリンスタンドで、自動車に給油していたとき / 208
  • 設問33 バス、タクシー、トローリーに乗っていたとき
  • 設問34 夕刻、商店街で買物をしていたとき
  • 設問35 昼間、ビルの谷間を歩いていたとき
  • 設問36 高圧線の下の高いブロック塀(石垣)の横を歩いていたとき
  • 設問37 小学校で午後の授業をしていたとき
  • 第III編 私たちの地震対策
  • 第一章 日常の準備 / 242
  • 第二章 わが家の住まいの点検と補強 / 272
  • 第三章 地震によるビル火災 / 324
  • 第四章 災害を拡大するパニック / 348
  • 第五章 逃げるより守る地震対策 / 366
  • 第六章 災害救助と予防対策行政 / 408

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 東京の地震を考える
著作者等 日本科学者会議
書名ヨミ トウキョウ ノ ジシン オ カンガエル
書名別名 Tokyo no jishin o kangaeru
出版元 クリエイト社
刊行年月 1971
ページ数 420p 図
大きさ 19cm
NCID BN02244613
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
71002723
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想