たつまき  上

藤田哲也 著

[目次]

  • 目次
  • まえがき
  • 第一章 たつまきの正体 / 1
  • 水上たつまきに多い積雲性の親雲 / 3
  • 陸上たつまきに多い雷雲性の親雲 / 6
  • 陸上・上空・水上のたつまき / 8
  • ロート雲はどうしてできるか / 10
  • ロート雲とたつまきの強さ / 12
  • 第二章 たつまきの残したミステリー / 16
  • 大宮で空中飛行した大木と洗濯機 / 16
  • 道祖土で畑の大根をひき抜く / 17
  • 夕食中に空中滑走 / 18
  • 鶏のまるはだか / 18
  • 卵の殻を割らずに中に入った豆 / 20
  • 中身を入れ替えられた冷蔵庫と自動車 / 22
  • 子どもが吸い出されて死んだり助かったり / 25
  • 乳しぼり中に牛が消える / 26
  • 一二〇〇メートルも宙を飛んだ一六トンのタンク / 28
  • 気がついたら屋根がなく星空がみえた / 30
  • 自動車のブレーキがきかなくなる / 31
  • 一〇〇台の車のヘッドライトだけ割って逃げる / 32
  • 板ばさみならぬ木ばさみの車 / 34
  • トタン板で二つに切られた子ども / 35
  • 消えて出てきた千四百ドル入りのズボン / 38
  • 柔よく剛を制す / 40
  • 墓場の地下室で三途の川を渡りかける / 41
  • 三年つづけて同じ町が同じ日の同じ時間におそわれた / 43
  • たつまき予報所長が電話で叱られる / 44
  • たつまきに気づかず私も電話で叱られた / 45
  • 第三章 たつまきのスケールを作る / 47
  • 自記紙にとられた風速の記録 / 48
  • 強さの藤田スケール / 52
  • 長さと幅のピアソン スケール / 60
  • FPPスケールでたつまきの分類 / 62
  • 飛行機による被害調査は楽でない / 64
  • 日本のたつまきも弱くない / 70
  • 第四章 たつまきの性と兄弟 / 73
  • たつまきの性と一生 / 74
  • たつまき兄弟-ファーゴ兄弟 / 81
  • 駿河兄弟 / 90
  • ココモ兄弟 / 92
  • 双子たつまき / 97
  • 第五章 世界のたつまき / 101
  • 温帯に多く熱帯に少ない / 102
  • アメリカ-世界一多くて強い / 103
  • 南アメリカ-さがしてみたがあまりない / 111
  • 太平洋上の常夏の島-海から上がってくる / 112
  • オーストラリア-人口とともに増加中 / 115
  • インド-世界第二の強さか / 117
  • イギリス・オランダ・ドイツ・フランス / 118
  • ソ連-関心がたかまっている / 122
  • 地中海沿岸-海岸が危険 / 125
  • ニュージーランド-女たつまきばかり / 128
  • 第六章 日本のたつまき / 132
  • 年とともに増加中 / 135
  • 強さは世界で五位か / 142
  • 北海道-平野部と海岸に発生 / 147
  • 東北地方-西部は冬、東部は夏に多い / 150
  • 関東地方-東京にもある / 156
  • 中部地方-東海道はたつまき銀座 / 166
  • 近畿、中国、四国地方-不思議にすくない / 179
  • 九州地方-宮崎平野に多発 / 183
  • 都市化が生んだたつまきベルト / 194
  • 第七章 火山国日本の山たつまき / 205
  • 山たつまきはどうして起こるか / 206
  • 利尻岳の中腹からおりてきた / 208
  • 八丈富士では頂上ちかくから / 209
  • 三度やられた五島の福江 / 210
  • 雲仙岳のふもと島原にも発生 / 213
  • 九重高原黒岩山から湯坪温泉へ / 214
  • 富士山の裾野に山たつまき 頂上ちかくに山旋風がおこる / 215
  • あとがき / 223

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 たつまき
著作者等 Fujita, Tetsuya Theodore
藤田 哲也
書名ヨミ タツマキ
シリーズ名 科学ブックス ; 20
巻冊次
出版元 共立
刊行年月 1973
ページ数 228p 図
大きさ 19cm
NCID BN02244180
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
69025713
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想