見る・読む・聞く

斎藤 次郎;高橋 恵子;波多野 誼余夫【編】

「同時代子ども研究」の主要な課題のひとつは、われわれの時代の子ども文化を知ることと、それとのかかわりで子どもの心を理解することである。そのためには、われわれおとなの側が属する文化と「異なるが対等」という見方が第一に、来るべきだろう。しかし子ども文化は、「自主的」な側面ばかりでなく、おとな文化の反映という色彩も濃い。本巻は「見る・読む・聞く」を切り口とし、「子ども文化の現在」に迫ろうとした。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 変貌する子ども文化
  • 2章 子どもにとっての「時」と「時刻」
  • 3章 家庭文庫の中で-かしのき文庫のまわりの子どもたち
  • 4章 マンガ体験の戦後史
  • 5章 マンガ家の予備軍たち-描くことにまつわる様々の物語
  • 6章 あるサウンド体験
  • 7章 子どもコンピュータ
  • 8章 テレビにおける笑い
  • 9章 知るため、知らせるためのリテラリシー-はっきりした目的のために読んだり書いたりすることをどう教えるか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 見る・読む・聞く
著作者等 斎藤 次郎
波多野 誼余夫
高橋 恵子
書名ヨミ ミルヨム.キク
シリーズ名 同時代子ども研究 2巻
出版元 新曜社
刊行年月 1988.4.25
ページ数 274p
大きさ 19cm(B6)
NCID BN02238213
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想